自己暗示
0

    6月半ばから、完治しない風邪をひいている。

    7月末なんて変声するほど喉が潰れていた。

    昨日になってそれが和らいだかと思ったら、今度は先々月同様フラフラ。

    今日も咳やフラフラの症状があったので、何が原因か検索かけた。

     

    フラフラするのは耳に炎症があるかもだとか書かれていたが、「金持ちでもないのに今度は耳鼻科でも金使うのかよ」と思いながらそのまま仕事へ。

     

    仕事中もフラフラしたり苦しい感じがあって、これいつまで続くんだろうと絶望的だった。

    売れてるスーパーのレジは、次から次とパッパと打っていかなきゃいけないから、余計きついんだな。

    でも、この状態になる前は、そんな作業が好きだったんだ。

    他の人はレジ嫌いと言うんだけどなw。

    今は恐怖に耐えながらやってる感じで、楽しさなんか一つもない。

     

    そんな時、しばらく意識してなかった引き寄せの法則を思い出した。

     

    「おれは健康優良だ!」

    これを心の中で何度か唱えたら、症状が和らいだ。

    そしていつの間にか自然な笑顔が出たし、多少症状が出ても気にならなくなった。

    以前のようにレジ打ってて楽しいという感情も出てきた。

    そして鏡に映ったそんな自分が可愛くも見えた。

    実際はデブスなんだが、愛おしいというか何というか。

     

    自己暗示いいな!

    対出来事 | comments(0) | trackbacks(0)
    entry_bottom
    意思のあるものに害を加えず
    0
      化粧品だの薬品だのはこれまで動物実験のもとに出来ていて、最近それをすげー嫌だと思うようになった。
      これまで実験して作られたものはそのまま生かしてほしいが、これから作るものでの実験はやらないでほしいと思っていたら、最近は人口細胞や人工皮膚で実験し始めてるところもあるようで。

      人間に害を加えない生物を殺さない世の中を引き寄せたいと思っていたら、こういう情報をまず引き寄せた。
      これも実績だな。
      一番は死刑囚(冤罪じゃなくて明らかに路上で人を殺した奴とか)を実験台にすればいいのに

      てか、花王なんて動物実験してるわりに洗ったらフケが出るシャンプーや体が痒くなるボディーソープしか作れてねーじゃねーかw。
      対出来事 | comments(0) | trackbacks(0)
      entry_bottom
      金の掛かることが嫌い
      0
        違う街へ遠征して、職場の研修があった。
        数日前に研修のメンバーと、「研修が始まる前にその街で昼食を一緒に食べよう」と約束していた。
        どこで食べたいかを聞かれたが、その街のレストランがどんなのがあるかを知らないので、答えられなかった。
        かといって、「安いところなら」と言うと、「マクドナルドへ行こう」と言われてしまう恐れもあるので、何も意見が出来なかった。

        だってマクドナルドは、半年経過してもバーガーが腐らない程の防腐剤が入ってるから。
        http://www.asyura2.com/09/health15/msg/457.html

        で、千円前後の食べ放題の店に決まった。
        研修が終わった後の懇親会でも食べ放題だから、そこで食べ放題なのが嫌だと思った。
        ずっと、嫌だ嫌だと思っていた。

        そして研修の日である今日、電車に乗ってその街へ向かう。

        今日は降雪量が激しく、電車はその街の前の駅で30分近く停止をすることになった。
        停止は退屈でうんざりだった。

        しかしそのおかげで、制限時間が一時間半である食べ放題なんて行ってられなくなった

        そして予定とは違う店へ入り、俺は600円も行かないものを頼んで食った。

        この出来事を「引き離し」と呼ぶか、安いものを食べれる状況を「引き寄せた」と呼ぶかは読み手の自由ですw
        対出来事 | comments(0) | trackbacks(0)
        entry_bottom
        猫は神
        0
          普段からタイトルのことを連呼していたら、自分で勉強せずに神だと呼べる情報が入ってきた。
          情報の引き寄せ!!w
          その情報はこれだ。
           
              大航海時代、船には必ずと言って良いほどネズミ対策のネコが乗船していた。
          ネズミにより船が壊されたり、食糧が食い荒らされたり、船内が不潔になったりするのを防いだ。

          トラネコちゃん14世紀、ヨーロッパを中心に、ネズミを媒介とするペストが大流行し、わかっているだけで
          八千万人( ←終戦時の日本の人口とほぼ同じ )が死亡した。
          ネズミを捕食するネコたちがいなければ、結果はさらに悲惨なものになっていただろう。

          トラネコちゃん明治時代には、日本にもアジア経由で入ってきたペストが初めて流行し、
          その高い致死率のため、最も恐ろしい伝染病とされた。この頃に来日したドイツのコッホ博士
          (ノーベル生理学・医学賞受賞)と日本の北里柴三郎博士が、猫の飼育を強く奨励。
          日本では各家庭で一匹ずつ猫飼するようにという公式なお達しまで出た。
          そして、そのために数万匹のネコが輸入された。野良猫も公衆衛生に貢献した。
          「今生きている日本人はネコのおかげで生きているのかもしれない」。

          トラネコちゃん明治時代、絹の生産量世界一であった日本において、蚕をネズミから守ったのもネコたち。
          つまりネコたちは日本の主要産業を支えた。この時、ネコたちの活躍がなければ
          日本の経済大国への道のりも、出発点でつまずいていたかもしれない。

          トラネコちゃん奈良時代には仏教の教典をネズミから守るため、日本はネコを輸入した。
          これが日本における猫の歴史の始まりと言われている。

          トラネコちゃんスコットランド地方のウィスキー蒸留所では、害獣対策のためネコが飼われてきた。
          特にタウザー君というネコは24年間の一生で28899匹のネズミを捕え
          ギネスブックに登録されている。またその偉大な功績ゆえ、女王エリザベス2世から
          誕生日のお祝いの手紙まで頂戴した。

          トラネコちゃんネコはネズミだけでなく、ゴキブリ、ハエも捕える。
          虫を食べるため、虫の大量発生の抑制にも貢献している。

          トラネコちゃんネコのゴロゴロ音は高血圧の人間の血圧を下げ、免疫力をアップさせ、
          不眠にも効果的で、人間の骨密度を上げる効果もある。
          ( 猫自身、骨折しても他の動物の3倍の速度で回復すると言われる )

          トラネコちゃん飼い主のかたの経験では、朝、エサのおねだりをあきらめずに続けてくれるため、
          優秀な目覚まし代わりになる。添い寝するなら湯たんぽ要らずである。
          ハエなどの虫をすぐ見つけるので、ネコの目線を追えば捕獲できる。
          対出来事 | comments(0) | trackbacks(0)
          entry_bottom
          何故虐めがなくならない?
          0
             あちこちで虐めによる自殺のニュースを聞く。
            違う生物の間でも虐めはある。

            何故、こんな不本意なものを引き寄せるのか。

            俺自身が、過去にやった虐めを許せないと思ってるからか?
            そして、自分を苛めた奴も許せないと思ってるし。
            これが、俺が苛めた相手に苛められるならともかく、そいつらは他の人(俺が苛めた相手も含む)も苛めてたからな。

            こういうのをクレンジングしたらいいんだろうか?
            「過去の自分の行いを許します」と心の中で言えばいいんだろうか?
            根っこでは許す気がないと思っていても、許しておかないと虐めがなくならないのだろうか?
            対出来事 | comments(0) | trackbacks(0)
            entry_bottom
            何気なく願っていたこと
            0
               今日は本当は品出し担当だったが、二日くらい前から「またあのレジが嫌いな人が、『私のレジと変わってくれ』と頼んでこないかな」と思ってた。
              自分からじゃなくて相手から頼まれるほうが精神的にラクだし。
              一瞬だけ、「もう変わった」と思い込んだこともあった

              昨日の夜8時、その人から電話が掛かってくる。
              俺が望んだ内容だった。

              2/2も嫌な担当だから、また誰かが頼んでこないだろうか。
              その嫌な担当は好きだと言う人の割合が著しく低く、「こんなのを変わってくれと言う人は皆無だ」と思っている。
              しかしこれが常識観ブロックだ。
              ↑これについては、カテゴリの「ブロックについて」を参照。

              その仕事が好きな人が頼んできたらいいなとか考えたが、その考え方を変える。
              その仕事が嫌いな人であっても、相手から頼んでくれば俺の精神には問題の無い話だ。
              この常識観ブロックがなかなか外れないせいで、この願望が叶うかどうかは分からない。
              対出来事 | comments(2) | trackbacks(0)
              entry_bottom
              3年かけての復縁
              0
                相手はジー・ミントゥー。

                自分の生活のパートナーではあったが、あらゆるだらしなさに嫌気をさし、三年前の秋に別れを告げた。
                それからミンシュー・トゥーと付き合ったが、年明けに実はミンシューは俺を愛していないことを知る。
                そして自分はやはりジー・ミントゥーが好きだったことを知る
                だからすぐにミンシューと別れたかったが、ミンシューは俺と一緒にいればあらゆる権力を保持していられるので、ストーカー的に張り付きやがった。

                いつごろからか、ジー・ミントゥーと復縁して喜んでるところをイメージするようになった。
                何日に何回か、一瞬と言って良いくらい短い時間でイメージした。

                それから段々、ミンシューが退いてジー・ミントゥーが戻る予感が強くなってきた

                そして運命の日である昨日

                朝は戻れる確信があった中、3年間もミンシューが居る状態だったので、それが当たり前化されてたので、その状態から変わることに抵抗感はあった。
                決して、ミンシューとの別れが惜しくなったわけではない。
                潜在意識は、現状維持したがる傾向にあるからな

                そして投票場へ行き、ジー・ミントゥーに思いの文を書く。
                それから仕事へ行き、夜に帰宅。

                そして20時、愛のチャイムが鳴る。

                ジー・ミントゥーが笑顔で俺の元に戻ってきてくれた。
                嬉しかった。
                3年間、ミンシューに虐待されてて辛かったと告げた。

                イメージではすげー喜んだところばかり浮かんだ割りに、叶ったときは「やっぱりな」って感じだった
                それでも感動はしたんだぞ。イメージのときほどじゃないけどな。


                願望達成に対して抵抗感が沸いてしまう人へ
                精神異常ではなく、現状維持が大好きな潜在意識から沸く感情だから気にするな。
                すんなり受け入れれる人も居るから、負い目を感じるかもしれないが、個人差だ。
                そのときは拒否してても、叶うときは叶う。
                対出来事 | comments(0) | trackbacks(0)
                entry_bottom
                楽しいものだと思い込むと・・・
                0
                   少し前に個人面談があり、店長に「仕事は楽しいか」と聞かれた。
                  それで正直に「ほかの分野は苦手だけど、レジをしてるときは楽しい」と言った。
                  すると「そういう人は珍しい。レジは大変だと思うのに…、あ、そういえばお客さんに怒られることがないね。接客態度とかが悪くないのでしょうね」と。

                  ミスっても怒られることは無かったが、イライラすることは毎日あった。
                  金を、金銭の受け取り皿じゃなくてレジ代に置く奴とかに対してね。

                  しかしその面談のあと、面談の日は品出しで苦痛だったが、昨日と今日のレジでは、腹立つことが1つも無かった。
                  スーパーだから、客は常に来る状態なのにな。

                  やはり、「楽しい」と言うことを口に出し、人に言ってもらった良い言葉(今回で言えば「客に怒られないね」)を常に頭に入れておいてるから、良い2日を引き寄せたんだろう。

                  仕事以外では何かで腹が立つことはあったけどなw

                  しかし、自分にとって都合の良い言葉を誰かに言ってもらったら、それを忘れないようにするだけでも良い現実を引き寄せれるということが分かった。
                  対出来事 | comments(0) | trackbacks(0)
                  entry_bottom
                  自分の思考が世の中を変えた?
                  0
                     思い出してみると、一昔前は、意味不明なことを言ったら辛辣な態度を取られるのが当たり前状態だった。
                    「何言ってるの?この人頭オカシイ?」
                    そしてその後に粘着に攻撃(ってかバカ扱い)されたり避けられたりする例もあり。
                    (もしかしたら俺の周りだけ?w)

                    小学校時代(てか高校二年になるまで)、この「何言ってるの?」の言葉の意味が分からずw、どういうことを言ったときに言われるのかを分かってなかったが、こう言われることは恥ずかしいことと認識してたから、上記のようなことが起こったのか?と潜在意識を知った今なら思う。

                    こういうものなのかなと、無理矢理自分を納得させてた勘はあった。

                    そして福祉の専門学校に入学すると
                    「高齢者が意味不明なことを言っても冷たい態度を取るな」と習った。
                    すると現場実習に行った学生達は、意味不明な質問をされても「そうだよ!」と答えていた。
                    そのとき、「やっぱこういうものだよな」と思った。
                    (サヨク思考の奇麗事に汚染された福祉を賞賛する気はないけど、イイところもあるんでな)。

                    それからは高齢者に関わらず、誰が意味不明なことを言っても、聞き手は「へ?何?w」と笑って返す。
                    喧嘩相手が意味不明なことを言った時は、バカ扱いするけどw

                    やはり心のどこかで拒否してた世界は無くなるのだなと思った。
                    対出来事 | comments(0) | trackbacks(0)
                    entry_bottom
                    自然に浮かぶものを拒否するな
                    0
                       明日のシフトは俺の嫌いな品出しであり、更に嫌いな奴も品出しなので、倉庫で鉢合う確率が高い。
                      「嫌いじゃない奴とはよく疎遠になってるのに、これは苛めか?俺の潜在は馬鹿か?」
                      と思ったよ。

                      誰か「声が出なくてレジが出来ないから代わって欲しい」と言ってくれないかなと思った。
                      そのとき、2/20の記事に書いた人の姿が自然に浮かんだ。

                      今日出勤したら、その浮かんだ人
                      「私は明日、早番のレジだから代わって欲しい」と言ってきた。
                      めっちゃ喜んだよ。理由は知らないが、んなこたあどうでもいい。

                      何度も潜在を使ってきて思ったことだけど、過程を限定するのは叶いにくくなるからタブーということを知っていて、それが理由で
                      過程を想像してしまったときに
                      「あ、限定しちゃったかな、叶わなくなるかも」と不安がったことはないか?
                      俺は何度もあるんだが。

                      でも考え直してみよう。
                      想像したからって、「その過程じゃなきゃヤダ」って思ったことあるか?
                      俺が自然に姿が浮かんだ人に対しても、「その人から頼まれなきゃヤダ」と思ったわけではない。

                      想像と限定は違うんだよ。

                      自分で潜在をやってきて、そして色んな人の叶った報告を見て、人それぞれやり方が違うし、自分のやり方も、毎回同じではない。

                      「しました」という完了形じゃなきゃ叶わないようなことも聞いたことがある人も居るだろう。
                      だが、「したい」で叶えた事も何度もあるぞ。
                      てか、俺の場合は「しました」って思ったこと無いw

                      だから自分の願い方にダメ出ししてねーで、自然に浮かぶままにイメージやらアファやらをやってればいいんだよ。
                      その方がラクだろ。
                      対出来事 | comments(2) | trackbacks(0)
                      entry_bottom
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << January 2018 >>
                      PR
                      recent_entry
                      archives
                      RECENT COMMENT
                      RECENT TRACKBACK
                      LINK
                      PROFILE
                      MOBILE
                      qrcode
                      search