非力だった自分
0

    力が弱くて誰と腕相撲をしても負けてた小学生の頃。
    小学校の高学年でドラクエをやり、怪力や戦いに憧れ出す。
    これくらい強いダメージが与えれるようになりたいとか思う。

    すると中学でバトミントン部を初め、腕が徐々に盛り上がってくる
    メンバーが嫌いで殆ど出なかったが、バトミントン自体は好きだから家でもやる。
    そして高校では部活に入らなかったが、やはり力を出すのが好きなので重いものを持ったり、友達とバトミントンをやったり。

    そうやって作り上げ、今ではこのように。
    これも小さい頃の自分が作り上げた現在だね。
    対自分 | comments(2) | trackbacks(0)
    entry_bottom
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728   
    << February 2018 >>
    PR
    recent_entry
    archives
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    LINK
    PROFILE
    MOBILE
    qrcode
    search