スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | -
    entry_bottom
    念願の子猫
    0
       http://ameblo.jp/so-zo-sin/

      このブログに動画があり、動画のタイトルをクリックし、priri79をクリックすればシンゾウの成長が分かる。
      昔から猫さまのお世話をしていたが、子猫との遭遇率は低かった。
      二年くらいまえ、引き寄せ仲間の友達に「子猫がほしい」と言ったことがある。
      だが、乳飲み子は育てれないと思うから、離乳食を食えるくらいが良いと思ってた。

      去年の冬に、生まれて三ヶ月くらいの野良がうちの庭に居座り、それから春に男数名と交尾して子供を生み、その子供(生後一ヶ月)が家の中に入り込んだ。
      乳飲み子ではあるが、その子育ては親になった野良がやってくれてるから、俺は子供と遊ぶだけでOK。

      楽なものよ。
      対異生物 | comments(2) | trackbacks(0)
      entry_bottom
      何故虐めがなくならない?
      0
         あちこちで虐めによる自殺のニュースを聞く。
        違う生物の間でも虐めはある。

        何故、こんな不本意なものを引き寄せるのか。

        俺自身が、過去にやった虐めを許せないと思ってるからか?
        そして、自分を苛めた奴も許せないと思ってるし。
        これが、俺が苛めた相手に苛められるならともかく、そいつらは他の人(俺が苛めた相手も含む)も苛めてたからな。

        こういうのをクレンジングしたらいいんだろうか?
        「過去の自分の行いを許します」と心の中で言えばいいんだろうか?
        根っこでは許す気がないと思っていても、許しておかないと虐めがなくならないのだろうか?
        対出来事 | comments(0) | trackbacks(0)
        entry_bottom
        何気なく願っていたこと
        0
           今日は本当は品出し担当だったが、二日くらい前から「またあのレジが嫌いな人が、『私のレジと変わってくれ』と頼んでこないかな」と思ってた。
          自分からじゃなくて相手から頼まれるほうが精神的にラクだし。
          一瞬だけ、「もう変わった」と思い込んだこともあった

          昨日の夜8時、その人から電話が掛かってくる。
          俺が望んだ内容だった。

          2/2も嫌な担当だから、また誰かが頼んでこないだろうか。
          その嫌な担当は好きだと言う人の割合が著しく低く、「こんなのを変わってくれと言う人は皆無だ」と思っている。
          しかしこれが常識観ブロックだ。
          ↑これについては、カテゴリの「ブロックについて」を参照。

          その仕事が好きな人が頼んできたらいいなとか考えたが、その考え方を変える。
          その仕事が嫌いな人であっても、相手から頼んでくれば俺の精神には問題の無い話だ。
          この常識観ブロックがなかなか外れないせいで、この願望が叶うかどうかは分からない。
          対出来事 | comments(2) | trackbacks(0)
          entry_bottom
          3年かけての復縁
          0
            相手はジー・ミントゥー。

            自分の生活のパートナーではあったが、あらゆるだらしなさに嫌気をさし、三年前の秋に別れを告げた。
            それからミンシュー・トゥーと付き合ったが、年明けに実はミンシューは俺を愛していないことを知る。
            そして自分はやはりジー・ミントゥーが好きだったことを知る
            だからすぐにミンシューと別れたかったが、ミンシューは俺と一緒にいればあらゆる権力を保持していられるので、ストーカー的に張り付きやがった。

            いつごろからか、ジー・ミントゥーと復縁して喜んでるところをイメージするようになった。
            何日に何回か、一瞬と言って良いくらい短い時間でイメージした。

            それから段々、ミンシューが退いてジー・ミントゥーが戻る予感が強くなってきた

            そして運命の日である昨日

            朝は戻れる確信があった中、3年間もミンシューが居る状態だったので、それが当たり前化されてたので、その状態から変わることに抵抗感はあった。
            決して、ミンシューとの別れが惜しくなったわけではない。
            潜在意識は、現状維持したがる傾向にあるからな

            そして投票場へ行き、ジー・ミントゥーに思いの文を書く。
            それから仕事へ行き、夜に帰宅。

            そして20時、愛のチャイムが鳴る。

            ジー・ミントゥーが笑顔で俺の元に戻ってきてくれた。
            嬉しかった。
            3年間、ミンシューに虐待されてて辛かったと告げた。

            イメージではすげー喜んだところばかり浮かんだ割りに、叶ったときは「やっぱりな」って感じだった
            それでも感動はしたんだぞ。イメージのときほどじゃないけどな。


            願望達成に対して抵抗感が沸いてしまう人へ
            精神異常ではなく、現状維持が大好きな潜在意識から沸く感情だから気にするな。
            すんなり受け入れれる人も居るから、負い目を感じるかもしれないが、個人差だ。
            そのときは拒否してても、叶うときは叶う。
            対出来事 | comments(0) | trackbacks(0)
            entry_bottom
            残り7枚から!
            0
              公務員のボーナスが出たのだろうか。
              客の混みようが半端じゃなかった

              そんな中、釣りの千円札がみるみる減っていき、残り7枚までになった。
              両替は担当が一時間置きにしてくれるが、途中でもしてくれる。
              だけど途中でさせるのは申し訳ないし、それに両替自体が嫌いだ。

              「いつも、すげー減っても増えてるから、また今回も増えるかな」と一瞬考えたかもしれない。
              一瞬過ぎて、どんな風に考えたのか、イメージングしたのか、自分でも分からん。

              その後から、次の客が2千円、その次の客が3千円、そのまた次も二千円(だったかな)を払ってくれて、すげー増えてしまった。
              それでも両替の時間に両替してもらったが、閉店後は、その必要が無かったと思えた。
              それくらい、千円札が多かった。
              対物 | comments(0) | trackbacks(0)
              entry_bottom
              このところ・・・
              0
                レジの仕事をしてて、
                 20枚を切るくらい少なくなった釣銭の千円札が、山のようになることが続いてるなー。
                対物 | comments(0) | trackbacks(0)
                entry_bottom
                気候と人(ブロックが解けた?)
                0
                  http://ameblo.jp/chiyocanada/day-20120807.html
                  今日は嫌いな奴と一緒に、開店前の品出しの仕事をするシフトになっている。 そして仕事に行く前に雨がざーざー。


                  嫌いな奴と仕事というのは一日前に分かってることなので、昨日の晩に、リンク先に描かれてる漫画と同じく「人間関係のブロックを見せろ」と言って、ブロック解除するものも聞く。
                  天候は今日分かったことなので、仕事に行く1時間前に「天候のブロックを見せろ」と言って解除するものも聞く。
                  すると家を出る時間には小雨。自転車をこぐうちに止む。

                  それからまた振ってきたけど、土砂降りには出くわさなかった。

                  そして仕事場に着いて、正直、人間関係のブロックが解けた成果は現実でどのように出るのか疑問だった。
                  時間が掛かる人は掛かるみたいだし。

                  自分と違う仕事をする人が、俺の嫌いな奴に「時間だから行こう」と言っていた。
                  俺の仕事はもっと遅い時間のはずなのに、何故そいつが呼ばれてるのか。
                  俺がシフトを見間違えたのかどうか知らないけど、そいつと一緒にやらない世界に移行したようだ。
                  一日も経たないうちに成果が出たぜ。


                  べつに雨や濡れるのが好きな人にとってはブロックじゃないので、嫌だと決めてるのは自分だというのは分かってるし、人間関係も、自分が仲良くやろうと思って潜在意識に働きかければ叶うんだろうけど、そんな気もないので、潜在意識が忠実にやってくれたよ。

                  つまり嫌だと思う気持ちを無理に押し殺すなということだ。

                  これは上記にリンクした漫画にも描いてある。
                  対自然 | comments(0) | trackbacks(0)
                  entry_bottom
                  あの時あの場所で同じ猫?
                  0
                    これは見知らぬ他人の動画ですが、昔に亡くした猫とそっくりな猫との出会いです。

                    http://www.youtube.com/watch?feature=endscreen&v=fEAceeGfgfw&NR=1
                    対異生物 | comments(0) | trackbacks(0)
                    entry_bottom
                    楽しいものだと思い込むと・・・
                    0
                       少し前に個人面談があり、店長に「仕事は楽しいか」と聞かれた。
                      それで正直に「ほかの分野は苦手だけど、レジをしてるときは楽しい」と言った。
                      すると「そういう人は珍しい。レジは大変だと思うのに…、あ、そういえばお客さんに怒られることがないね。接客態度とかが悪くないのでしょうね」と。

                      ミスっても怒られることは無かったが、イライラすることは毎日あった。
                      金を、金銭の受け取り皿じゃなくてレジ代に置く奴とかに対してね。

                      しかしその面談のあと、面談の日は品出しで苦痛だったが、昨日と今日のレジでは、腹立つことが1つも無かった。
                      スーパーだから、客は常に来る状態なのにな。

                      やはり、「楽しい」と言うことを口に出し、人に言ってもらった良い言葉(今回で言えば「客に怒られないね」)を常に頭に入れておいてるから、良い2日を引き寄せたんだろう。

                      仕事以外では何かで腹が立つことはあったけどなw

                      しかし、自分にとって都合の良い言葉を誰かに言ってもらったら、それを忘れないようにするだけでも良い現実を引き寄せれるということが分かった。
                      対出来事 | comments(0) | trackbacks(0)
                      entry_bottom
                      雨の通勤と帰宅
                      0
                         出勤前、雨がザーザー。
                        しかし、前にも自分が外に出る時は止んでいたことがあったので、今回も大丈夫だろうと思った

                        家から出る時間が来たとき、小ぶりになった
                        ぽつぽつだったので、職場に着いたときは濡れていなかった。

                        仕事中、雷がなった。
                        当然、雨もザーザー。

                        そのとき、「帰りが辛そうだ」とか一切思わなかった
                        仕事中だからそんなこと考える余裕が無いのも事実だが。

                        仕事場から出たとき、雨が一切降っていなかった。

                        ここで勘違いしちゃいけないのが、一時でも「帰りが辛い」と考えたからって、もう駄目だと思ってしまうことだ。
                        思ったって大丈夫だ。
                        その後で「雨に当たらない」と思っておけば良い。
                        対自然 | comments(0) | trackbacks(0)
                        entry_bottom
                        1234567
                        891011121314
                        15161718192021
                        22232425262728
                        2930     
                        << April 2018 >>
                        PR
                        recent_entry
                        archives
                        RECENT COMMENT
                        RECENT TRACKBACK
                        LINK
                        PROFILE
                        MOBILE
                        qrcode
                        search